株主優待を有効に活用してバカンスに来た男性

株主優待で生活する桐谷さんをご存知ですか?見た目は素朴な普通のおじさんですが、株主優待券を無駄にしない為に日々、自転車で激走しているんです。もはや生き様がかっこいいと若者からも支持を得ています。桐谷さんに憧れるなら株主優待から学びましょう。

メディネットは株価が変動?株主優待と合わせて注目!

株式に投資して得る利益はまずは配当金と株主優待です。株は株価が低いうちに買うのが鉄則で高くなって売れば大きな譲渡益を得られますが、売らないで保有しておくとしましてもそのような成長企業はその後配当金も期待できます。銀行の預貯金と違いまして株式や投資信託は価格の変動があるわけですが、低いうちに買っておくという方針を守りますとその価格が低くなる方の変動リスクが抑えられることになります。この条件で言いますと合うのがメディネットです。メディネットは免疫細胞治療の最先端企業ですがこのような治療が結果を出すまでには時間が掛かりますので株価が急上昇までには余裕があります。しかしその事業内容からしまして急に高く変動を開始する可能性を秘めていますので、今投資しておくのに有力候補と言えます。またこのメディネットのような事業の会社は他社と連携して研究を進めることが多いですが、現在メディネットは製薬会社の治験の代行や医薬品開発を行なう或る上場企業と提携していくことを発表しています。そうしますとこの企業の業績がメディネットの株価にも大きく影響する可能性も高いですので、メディネットに投資する際には提携企業の方にも合わせて目を配るのが効果的です。配当金や譲渡益に対しまして、株主にとってのもう一つの利益が株主優待です。最近では各企業とも工夫を凝らしていますのでひと通り研究して投資する先を選ぶのも楽しみですが、このような権利を得るためには権利確定日という企業が決めた日に株主名簿に載っていなくてはなりません。持っていた株の株価が急上昇しそこで売却して譲渡益を得た場合、それがもし確定日の直前だったとしますと、あてにしていた優待の権利の方はなくなってしまったということになりますので、権利確定日が近づきますと自分はどう行動するのかしっかり考えていくことが必要になります。