株主優待を有効に活用してバカンスに来た男性

株主優待で生活する桐谷さんをご存知ですか?見た目は素朴な普通のおじさんですが、株主優待券を無駄にしない為に日々、自転車で激走しているんです。もはや生き様がかっこいいと若者からも支持を得ています。桐谷さんに憧れるなら株主優待から学びましょう。

三島や万代の企業の株主優待は注目のものが目白押し!

三島は有名な企業の工場が多く集まっていることで有名です。その理由としましては、気候が温暖なこと、水が豊富できれいなこと、東京に近く本社が東京にある企業が進出しやすいことなどが考えられましてとても人気があります。上場企業の中では化学会社、衣料会社、製紙会社、タイヤ会社などの大手企業が主力工場を置いています。この中で株主優待を行なっていましてその優待品が人気があるのが製紙会社です。この会社では自社の人気トイレットペーパーの3000円セットなど実用的な商品を優待品にしていまして、こういう実用的なものは使わないまま有効期限が切れるといった心配がありませんし、経済的にもお得ですからとても重宝します。なおこの製紙会社には権利確定時が年に2回ありますので注意が必要です。年に1回の企業もあるのですが、各社ごとに時期はバラバラですので忘れやすいですし、この製紙会社では3月と9月の2回ですが、上述のような自社製品詰め合わせセットが優待品なのは3月のみですので本当に気をつけなくてはなりません。他にお得感がある優待品で注目されていますのが新潟にあるバスや鉄道の会社です。この会社の優待品の中に地元の万代にあるホテルの優待券があるのですが、これは1000株以上で5000円相当ですので、かなりお得と言えます。この会社の優待品には他にバス路線の無料パスもありますので、地元でよく使う人には有利になります。なおこの万代というところは、他にも大手不動産会社の大型施設が稼働し始めたり、スポーツ施設運営会社が新しく拠点を設けたりと上場企業がいろいろと進出していまして、三島のような人気進出地域となっています。他の進出企業にも注目したいところです。